レイクを初めて利用する人の為の「レイクナビ」

レイクを初めての利用すると言うときには、何かと不安や疑問が付きまといます。そこで活躍するのがさまざまな疑問や不安に対して解説をしている「レイクナビ」です。レイクナビでは、多くの人が疑問に思う申し込み方法や利息の事、返済について丁寧に分かりやすく解説しています。例えば、借入についてですが、レイクなら店舗に出向かなくても申し込み方法は色々あります。パソコン・携帯電話を利用した方法、自動契約機を利用した方法、電話を利用した方法、郵送で行う方法がありますが、それぞれのやり方について解説しています。申し込み後、審査を受ける事になります。その審査結果はパソコン・携帯電話・自動契約機・電話で申し込みをした場合はその場ですぐに分かる仕組みとなっています。

審査を通過したら、契約を結ぶ事になります。契約方法は、インターネットを利用した方法、自動契約機を利用した方法、FAXを利用した方法、郵送で行う方法があります。契約終了後、借入れを受けることが出来ます。即日振込、レイクATM、提携ATM、金融口座への振込で受け取る事が出来ます。借入については、利息についてや申し込みの際に必要なものについてもそれぞれ分かりやすく解説されています。他にも、借入れ可能かどうかを簡単に診断する事が出来る「借入れ診断」を受けることや、毎月の返済額・回数を試算することが出来る「返済シミュレーション」などのサービスを受けることも出来ます。初めての利用で、利用方法が分からないという人は、レイクナビを利用してみてはいかがでしょうか。

 

g0056

サラ金をめぐる問題について

サラ金とは、消費者金融がかつてサラリーマンを中心に利用されていたことから名づけられた通称です。近年、消費者金融はサラリーマン以外にも、兼業主婦、自営業者、個人事業主など様々な人が利用するようになっています。1990年代中盤から自動契約機が登場したり、各消費者金融業者のテレビコマーシャルによって、サラリーマン以外にも子供からお年寄りまで多くの人が消費者金融の会社名を知るようになりました。当時は、不況の影響で資金繰りに困った経営者やお小遣いを減らされてしまったサラリーマンが気軽な気持ちでサラ金を利用して返済が苦しくなってしまうといったことが社会問題になっていました。そのような問題は、2000年代の半ば頃まで続きました。

g0049

その後、消費者金融業界がキャッシングサービスの利用者の人権を無視した、まさにやりたい放題に経営を行っていたことや、多額の利息の支払いなどに苦しむ人たちを救済することを目的として、2006年に貸金業法が改正されることになりました。その結果として、グレーゾーン金利と呼ばれるものが廃止され、専業主婦や収入のない学生などが消費者金融を利用することができなくなり、消費者金融が融資を行う際は個人の年収の3分の1までの範囲に定められたことによって、消費者金融の利用者が多重債務に陥ることが少なくなったといわれています。近年は、消費者金融各社は過払い利息の返済に苦しんでいるところが多く、今後数年は営業利益が減少することが見込まれています。最近では、雪だるま式に膨れ上がった借金をおまとめローンという低金利のローンでまとめ、返済しやすい内容のものも登場しています。おまとめローン 審査は穏やかな可能性が高く、管理しやすいので不安を抱えている人は、相談してみるとよいでしょう。

消費者金融の審査について

j013

消費者金融は、お金に困った時には非常に助かります。特に早急に現金が必要となった場合などには、審査に時間のかかる銀行で借りているような時間はありませんから、審査時間が短い消費者金融業者が頼りになります。店舗で借りる場合なら30分、インターネットでの申し込みなら1分もあれば足ります。これは、業者が信用情報機関から情報を入手しているからです。つまり、あなたが何も言わなくても、他の業者での借り入れ状況などが分かってしまうのです。もちろん、ブラックリストと呼ばれる業界の金融業者独自の情報網もありますから、申し込みを開始した時点で、借金状況については、丸裸だと思った方が良いでしょう。ですから、下手にウソなどついても全く意味がありませんから、正直にいきましょう。

さて、ここでちょっとした豆知識になりますが、みなさんは消費者金融業者の審査基準がどのようなものか知っているでしょうか。まずは、総量規制の範囲内かどうかが最近では重要になっています。総量規制とは、年収の3分の1までしかお金を貸してはいけないという法律です。業者としても、この法律には従わなくてはいけませんから、総量規制の範囲内かどうかは、かなり重要となってくるわけです。他の基準としては、他の業者での返済状況があります。他の業者での返済が滞っているような人については、借金を返すための借金になっている可能性が高いからです。消費者金融業者としては、人にお金を貸すからには、ある程度のリスクは覚悟していますが、だからといって、審査が甘くなるわけではないので注意してください。